06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

和津実(なつみ)

Author:和津実(なつみ)
歌を歌ったり、ものを作ったり。
http://www.natsumino.com
wa_natsumiをフォローしましょう

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

3月11日 ONE HEART JAPAN 2012

2012.03.12 21:24|ライブ
あの日から一年が経ちました。

一年、あっという間に感じますが、
とても長く感じて やっと一年経ったのか と思っている方も多いのかもしれません。

モナレコードで行われたこのチャリティーイベントに参加出来、
よかったと、
思っています。


私の出番が2番目で、14時半から。

去年地震が起こった14時46分、
前日に主催の平野さんからも「黙祷を」と言われていたので、
時間が歌っている時とかぶらないように ということに気をつけて、
ちょうど曲間にその時を迎えました。

黙祷を誘導する、ということはいままでしたことがなかったので、
少し緊張でした。

ライブの合間にみんなで目を閉じて
静けさが広がる、という体験をしたのは初めてです。

あのときみんな、どんなことを思ったんだろう?

いろんなところで本当にたくさんのひとが あの時間、
目を閉じて、同じ空間に迷い込んだのかな。

そのときを、
もしも、エネルギーの見える目で空から見下ろしたら、
どんな色のエネルギーが、見えたのかな。

その想いは、どこかに届いたのかな。

届かなかったのかな。


目を開いて歌うとき、
絶対に泣かないようにと気をつけました。
危なかったけれど、危なくなる感情は、
人間の感情、
私自身の感情です。

歌は、きっと、私個人だけにとどめてはいけない。
もっと広いもの。
私の感情で、歌ってはいけない、
とそのとき思いました。




みんなが それぞれの日々を一生懸命に生きています。

バラバラの個性で、バラバラの生き方をしている。


そんなひとたちが、
あるとき、もしくはあることにおいて、
意識をひとつに持てることができるのだとしたら、

それってやっぱりすごいことだ。


と、私はそのことを思うと感動するのです。


あの日から たくさん悲しい想いをしているひとが
現実にいるということを思うと、
言葉にならない想いがこみ上げます。

そして、

311だけでなく、

日々起こる世の中の痛ましいこと、ひどいこと、悲しいこと、
についても考えます。


悲しいことは世の中に数えきれないくらいたくさんたくさん起こっている。

ということ、
心のどこかにいつもあります。

いろいろな種類の 苦しみが、この世にはたくさんある。


私に出来ることは、私に出来ることしかないのです。
それより多くも少なくもなく、自分にできること=人生 があります。

自分の思うことを大切に、
大切な人を大切にしながら、
しっかり生きて行きたいと思っています。

ショコラトルのあずちゃんのMC、
「となりにいる大切な人の手をしっかりつないで…
(それが輪になっていく)」
涙が出てきました。

今日という日はいつも通過点です。


いつもスタートが隠されているというか。


だからまた今日も、
一生懸命生きよう と思います。




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント