10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

和津実(なつみ)

Author:和津実(なつみ)
歌を歌ったり、ものを作ったり。
http://www.natsumino.com
wa_natsumiをフォローしましょう

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

えほんうた 第7話 そして2016年が終わりますね!

2016.12.31 16:43|お知らせ
今年終わりギリギリにえほんうた第7話できました。
雪の降る夜に
https://youtu.be/7E85EUECVeE

雪を降らせる動きをカイさんにつけてもらいました。
いままでで自分の中では一番好きな作品かなと思います。
どんなに寒い日でも、誰かのことを考えると心がぽっとあたたかくなる、そんな瞬間を描きたくなり作りました。



本年もあと少しで終わり。
今年はとにかく学びの一年でした。
まあ人生常に学びではありますけれども、
特に今年は私にとって学びの場に自ら行って人に新しい見解を学ぶということが多かった。
演劇、ナレーション、音楽、、、
山川紘矢さん亜希子さん夫妻、木内鶴彦さん、秋山佳胤さんなどのお話も聞きに行ったり。
音楽の学びは春先まで続きます。

今年は、えほんうたを始めてみたことも大きかったです。
多くの人に聞いてもらったり見てもらったりするにはどうしたらよいのか、というところはてんで分かりません。もっと考えたほうがよいこともたくさんあるんでしょうけれども、、、
小難しいことはちょっと置いておいて、
まずは作ってみるということ、
それをやってみたくて始めました。
絵も必然的に描くし曲も書くので、表現者としては鍛錬の場になっています。
このコツコツが本当に大事なことなんだと思います。
えほんうたを始めて、私の中でアコースティックよりな曲のテイストから少しずつですが、抜けていきたい気持ちのようなものも芽生えてきました。

たぶん、バンドを長くやってきて、色々あって、そういうサウンドから離れたいと思ったりなにか深いところでのトラウマみたいなものがあって、
それを癒すのに時間が必要だったというのもあるかもしれない、と最近自己分析しました。。

基本的に歌が歌えればよい、歌を歌いたい、と思っているということも見逃せない事実ですが、
じゃあなんでも歌えればいいのか?というとそれも違う。
曲を作ることに自信がないので、逃げたいというのも正直あると思う。私の作る歌なんて誰も聞きたくないんじゃないかとか、結構ネガティヴな自分もいる。
でも、逃げててもいけないなあと思ったり。

えほんうたは、自分ともう一度向き合うための私にとってのツールでもあると思います。

そして、それと同時に、
いままさに、新しい曲作りをしようとしています。

私ってなにものなんだろう?
私は一体なにを歌いたいのだろう?

いま、変わるとき、な気がするという感覚もあります。


来年は今より先に行けているといいな。


今年もお世話になったみなさん、ありがとうございました。
みなさんも日々いろんなことと葛藤していると思いますが、私も同じです。

どうぞ来年もよろしくお願いいたします。



20161231164158763.jpg


前に甥っ子からもらった手紙、読み返して元気をもらった。
ありがとう、ゆうせい。おいらがんばるど。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント