10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

和津実(なつみ)

Author:和津実(なつみ)
歌を歌ったり、ものを作ったり。
http://www.natsumino.com
wa_natsumiをフォローしましょう

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

新しいことへのチャレンジ

2016.05.19 18:37|日々の中で思うこと
晴れた日に、太陽の光を感じながら緑の中をゆっくりと歩いている時、
私はとっても幸せを感じます。

家に帰ってきて、干してあった洗濯物をゆっくりと取り込んで、
今日1日が静かに終わろうとしていることを感じる時にも幸せを感じます。

生きていると時々どうしようもなく悲しいことや辛いことが起こったりするものですが、
それが永遠に続くわけでもなくて、気がついたらまた小さなことに幸せを感じていたりして、
人生山あり谷ありとはよく言ったものですが、
面白いものだなあと思います。


ここ最近で私の中でやってみたいと思うことが急に出てきました。
いや、急にではないか、
ずっと興味は持っていたけど急にそのタイミングが来たという表現の方があっているかもしれません。
タイミングというのはありますね。
なぜ今その時なのかはわかりませんが、いろいろ考えたり動いたりしていたら流れがやってきました。
その流れに乗ってしまえと思い、、、、ナレーションと演技のレッスンを受けに行くことにしました。

歌の仕事をするようになって、その楽しさを知ると共に、声の仕事というものをもっとやってみたいなという気持ちに自然になってきている今日この頃です。
今日この頃なわけでもないですね、
思い起こせば、小学校低学年の時タイムカプセルに書いた将来の夢は「女優」でした。
小学校6年生の卒業前に、学校通信のようなものに書いた将来の夢は「歌って踊れるアナウンサーか通訳の人」。
(この間「歌手」への想いはずっと後ろでふわふわしてる感じだった)
そして、中学ぐらいから「歌手だ!」と決めた。そんな変遷があります。
とこう見てみると、要するには声を出して何か表現することが本当にもともと好きなんだということが分かります。

大学は本当は美大に行きたかった。絵を描くのも好きだしものを作ることも好きだから。
だけど、それよりも何よりもその時は歌への想いが強かったために、とにかくバンドを組んだり音楽活動をしたいという思いだけで普通大学へ進学。
音楽とは関係のない英米文学科に行ったけれど、英語に関しては発音することが好きだったからこれも全く意味がなかったわけではない。何より大学で出会った仲間と組んだバンドでCDデビューし、後に結婚することになる皆倉氏とも出会ったし、かけがえのない友達にも出会ったのだからそれも意味があった。
大学卒業後はずっと音楽活動が中心の生活。バイトでは接客業を色々やっていたが、結婚する頃にクリエイティブツールを使えるようになりたいと思いウェブデザインの勉強をした。それで今は自分のサイトも自分で作れるようになり、仕事もそちらの方面の仕事ができるようになった。
バンド活動を辞めてソロ活動とウェブの仕事をするようになってから、CM歌唱の仕事も入るようになった。
初めてCM歌唱の仕事をした帰り道は嬉しくて一人泣いたなあ。この気持ちを一生忘れないぞ、と思った。


そして今、
今までの音楽活動や歌唱の仕事、音楽以外の様々な仕事の経験を経て私が思うのは、
あー「声」のお仕事をもっといろいろしたいな!
というところである。
歌唱のお仕事の時に、ちょっとしたナレーションも吹き込むことがあるのだけれど、それも楽しいんです。
だから、もっとやってみたいなあと思うのです。


スクールは先日始まったばかり。
これから半年間という短い期間ですが、楽しみながら頑張ろうと思います。
頑張るというか、チャレンジするというか。
あれやこれやと考えすぎずにただただ、
私ってどんな人間なんだろう?というのを、
ワクワクの中で自分でも見つけていけたらいいなと思います。


それと、今、
とある曲を歌ったものを動画サイトにあげたくて、
今その撮影したり編集考えたりもしています。
これは写真家の津口るいちゃんとギタリストの皆倉氏とやっています。
目標は6月中にアップすること!


バレエも続けています。楽しいです。トウシューズ、難しいです。

チャレンジチャレンジの日々です。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント