10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

和津実(なつみ)

Author:和津実(なつみ)
歌を歌ったり、ものを作ったり。
http://www.natsumino.com
wa_natsumiをフォローしましょう

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

島裕介さんとのライブ

2015.12.27 22:54|ライブ
18日にはジャズトランぺッターの島裕介さんのライブでゲストボーカルとして参加させていただきました。
とても光栄な機会でした。

一瞬でまるごとを放出するように演奏される島さんとギターの斉藤純一君の姿を見て、とっても勉強になりました。
自分もマジで、本気で出さないと追いつかない!と思いました。

今後も、私も、たましいでぶつかるようにうたう、ということを、
もっとやろう、と思います。

自分をもっとどんどん出す、ってこと。


歌ったのは
smile
Wの悲劇
the christmas song
over the rainbow

この四曲。

IMG_0331.jpg

IMG_0333.jpg

IMG_0335.jpg


日本語の曲が特に良いと島さんに褒めていただいて、すごくうれしい。
やっぱり日本人だからな、
日本語の歌が私も好きではあります。
感情を込めて、演じるように歌えるのは、
やっぱり日本語の曲だ。
Wの悲劇は本当に好きな曲。
これからも何度も歌って行きたいと思います。

Adi Nadaという存在、私という歌い手としての存在
それについて考えました。
それは先日参加したカバーアルバムのレコーディングでも考えたことでした。
あのときは、あまり私の歌というものを知らない方との現場だったと思うので、
自分がどう歌うべきなのか分からなくなってしまったりしたのだけど、
こんかい島さんと歌わせていただいて、また力をもらったと思います。

私にしかない歌を歌って、
それを人に認めてもらいたい。
それが正直な私の気持ちです。

だけど、CMの現場では、
プロとして、その楽曲にあったボーカリゼーションをやりきれるように、
鍛錬して行きたいと思っています。
お金をいただくということはそういうことだ。
求められる以上のものを返せなければいけないと思う。

こうして歌がお仕事になっていっている今、
さらなる目標は、
和津実という人物の歌声として認知してもらう、ということでしょうか。

その声を聞きたい、その歌声で歌ってほしい
と思ってもらえる機会がさらに増えるよう、
頑張って行きたいと思います。

悔しいことはたくさん起こります。
それでもそれらはすべて、
私のこれからのためにあると思っています。
ぜったいに、負けるものか
と思っています。

ぜったいに。

来年もたくさん仕事したいな!
うたうぞーーー!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント