08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

和津実(なつみ)

Author:和津実(なつみ)
歌を歌ったり、ものを作ったり。
http://www.natsumino.com
wa_natsumiをフォローしましょう

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ライムライトが好き。

2015.07.17 00:13|本、映画、音楽
チャップリンの「ライムライト」。とてもとても好きな作品だ。

音楽劇になるというので、気になって観て来た。

ライムライトを主軸にチャップリンのいろんな要素を組み合わせて作られているようだったけれど、
大筋のあらすじは映画のライムライトと同じだった。

わたしにはカルヴェロの状況や心境を思うと哀しすぎて胸が痛すぎて
度々涙がこぼれてしかたなかった。

切なくて。
苦しい。

それでも最期まで生き抜く姿。
テリーの愛。
疑いたくなる気持ち、分かる。
真実の愛かもしれないけれど…
だけど…、

カルヴェロ亡き後にはもしかしたらネヴィルと結ばれるのかもしれない。
と想像したりするとやっぱりつらかった。

だからこそ、
生きている間の短い数年であったとしても、
出会えたこと、
一緒にいられたということは、
それは真実だから、
それは本当に奇跡みたいに美しくてかけがえのないもの なんだ。



石丸幹ニさんの歌は素晴らしかった。

なんだろう、あの滑らかさは。
つやがあって、深くて。
お腹で響いているバイブレーションがそのまま伝わってくるみたいですごかったな。
心震えた。


そしてチャップリンはやっぱりすごい。

あのテーマのメロディが冒頭で流れただけで私は泣きそうになった。
たましいに触れる旋律だと思う。
あんな曲がかけるなんて、
やっぱりチャップリンが宇宙そのものみたいにでっかい空洞になっているからに違いない。
偉大すぎて眩しすぎて畏れを感じるくらいだ。

私がライムライトの映画でとても好きな台詞:

It makes a rose want to be a rose,
and want to grow like that.
バラはバラになろうと望んでいる

And a rock want to contain itself
and remain like that.
岩は岩になろうとしてる

ここらへんのことばが うぅっとなります。

わたしもわたしになりたいから
そのためにがんばろうって思います。

チャップリン、だいすき。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント