08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

和津実(なつみ)

Author:和津実(なつみ)
歌を歌ったり、ものを作ったり。
http://www.natsumino.com
wa_natsumiをフォローしましょう

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

結婚、家族とは。

2014.10.22 23:43|日々の中で思うこと
先日大学時代の友人の結婚式にカイさんと二人で出席してきました。
仲良しのお友達の結婚式では、恐れながら歌をお願いされることがほとんどでなのですが、
今回はカイさんも一緒だったのでカイクラギターと一緒に歌えてうれしかったです。
family、歌ってきました。
この歌は2011年、いろんな想いを込めて作ったとても大切な歌です。
歌というのは、想いを込めれば、そのメロディーが、声が、楽器の音色が、
言葉を越えてたましいの奥にあるものを届けてくれるものではないかと思います。
だからいつも、歌う前に「こんなことを一言話そうかなあ」と思うんだけれど、
マイクを持つと全部飛んでいってしまって、
もう歌で伝えるのが一番だ ということになってしまいます。

今回は出番前にお食事をいただきながら、新婦である友人と新郎さんのことを思いながら、
ここに出席されている方達はもちろんのこと、
彼らのご先祖様たちやまだ見ぬ未来の子どもたちやその他たくさんの目には見えないけれどいつも見守っているであろう存在にも向けて歌おう、と思ったのでした。
たくさんのつながりの中から、彼らのつながりが生まれて、
これからも続いていくのだ と思うとなんだか不思議な気持ちになりました。

それぞれのご両親のお姿を見ながらも、すごいことだなあ ふしぎなことだなあ と思いました。

結婚ってなんなんでしょう。
なんのために結婚するのでしょう。

わたしの両親は離婚しているのですが、
二人が結婚したから姉とわたしは生まれました。
甥っ子 姪っ子も生まれ、すくすく成長しているので、
わたしが今後子どもを産まなかったとしても、わたしの家系の血を分けたヒトたちは続いていくわけです。

離婚はしましたが、人としてのつながりはいまだ父と母の間でありますし、
わたしは二人の血をついでいてわたしにとってはどちらも大切な親です。
二人から、家族から、学んだことがどんなにあったことでしょう。
わたし という人間の素地はこの家庭に生まれたから育まれていったのだと思います。

そして、血のつながりだけが家族というわけでは決してないですよね。
血はつながっていなくても本当の家族だと言える存在はあると思いますし、
逆に血のつながりがあってもどうしたって分かりあえない悲しい関係性のこともある。
家族だからって、すべてが丸い円のような関係でできあがっていることなんて、
あるのでしょうか?
ほぼない と言えるのではないでしょうか?
きれいな丸い形みたいな家族なんて存在するのでしょうか?
存在するのであれば、それがどのようなものであるのか教えて下さい。

つながりが深いからこそ苦しくて学んでいかなくてはならないことの方が多いように思います。


とはいえ、結婚、という形などで、
分かりあえる大切な存在を得る、ということは心強いことではありますよね。

日本ではまだ同性同士の結婚はできないようですが、
同性同士でのパートナーという場合もあるでしょうし、
その場合、その二人が強い絆で結ばれて一緒に生きていく場合も 結婚している といえるでしょうし。
(なぜ現時点の日本では、異性同士しかだめなんでしょう?)



結婚ってなんなんでしょう?


一番近くで人生を共に学んでいくというパートナーは、
それこそ自分の鏡でもあるのであろうと思います。
それだけの強い絆や縁があってこそ引き合ったのだから。

大切なパートナーのことをけなすようなことを言うことがあったとしたら、
それは自分自身をけなしているようなものでもあるのではないだろうか。
その人を選んだのは自分なのだから。

毎日一緒に生活する中でそりゃー大変なことも色々あるかもしれないけれど…
いつも尊敬の気持ちを忘れてはいけないなあと思う。

反対に、選んだその人が、
自分の知らないところでも自分のことを大切に思っていてくれるような、そんな自分になれたら、
それはとても嬉しいことだと思う。

または どうにも一緒にはやっていけないぐらいのところまで来た時には
潔く離れることを選択することも必要なときだってあるでしょう。

選ぶのは自分でしょう。

結婚ってなんなのか、
よく分からないけど、
そこからできる家庭の場が、
自分を知る為の新たな深い空間のひとつになることは間違いないと思う。

*********************************

…でも、他にもそうなる場はたくさんあるんだから、
結婚を選ばない人もいるわけで、
どの生き方だって大変だし素晴らしいところもあるわけだから。


結局のところ、いろんな生き方があっていいんじゃないかと思います。
(なんじゃい)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント