06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

和津実(なつみ)

Author:和津実(なつみ)
歌を歌ったり、ものを作ったり。
http://www.natsumino.com
wa_natsumiをフォローしましょう

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

終わりの始まり。

2011.06.27 02:50|未分類
あーーーーー。

終わった!

26日が終わった!

前日全然寝れなかったから すんごい眠いんだけど、

寝れない。

なんかもったいないような気がしている。

だから、今感じていることをそのまま書いてみよう。


うーん。












いやほんとうに、今日ライブできてよかったな。と思います。

そういえば私、最後の最後に泣いてしまったっけ。
馬鹿だなぁ。
どうして堪えられないんだろう。

私の涙は、心に直結している。
あれ。
私の心は涙に直結している、か?


だから、仕方ないと言えば仕方ない。

悲しいとかじゃないんだよね。


こみあげる。

そういった気持ちなんだよね。





いつも、こみあげてくる。

そしてそうゆうのを、人に伝えたい。
そう思っている。




だけど、そういう自分の熱さが、
馬鹿みたいなんじゃないかって
思うこともよくある。


あるとき人に、
私が歌っていることについて、

「人から必要とされないと意味ないからね」

って言われたことがある。


どんなに悔しかったことか。

確かにそうなのだけれど。



でも。

そういうことを言われることもあるけど、


確かに伝わっている人も今いるんだもんね。

ありがたいことです。

今日も、声を掛けてくれた方たちの言葉から
それが分かったから。

うれしかった。

CD買ってくれたみなさんもほんとにありがとうね。
サイン、待たせてしまった方、ごめんなさいね。
来てくれて本当にありがとう。



バンドが休止になって、

今度はいま、

自分を試してみたいときです。



メンバーのみんな ありがとう。
いろいろあったけど、こうしていい関係を築いてこれたことは
よかったと本当に思う。
いつのまにかバンドが家族みたいになってた。


歴代メンバーも、今日は勢揃いだったね。
すごい日だった。



こうしてひとつひとつ消化して、

一歩一歩前へ進んでいくのだね。




マネージャーの中澤さんにも心から感謝です。

ポリスターも、ありがとう。

イベント呼んでくれた石本さん、山本さんにも感謝。

今日のランチ、モプシー時代の「たまご」って曲からオムライスにしてくれたという
ネストキッチンの小林さんもありがとう。
(あとから聞いて感動。)

知らないところで、いろんなひとに支えられている。

ありがたい。


今日はひとつの終わりと始まりの日だった。


私は歌い続けます。


今日やってみたことが、これからやっていくべきことなのかも
と思っている。
大友さんとも2回程やって、いいな と思ったんだけど。
さらに分かってきた気がしている。


語り+うた。  

このスタンスを、やっていってみたいと、


今考えています。


<おまけ>

ーーー「天の川」前の語りーーーー








少年の大切にしていた ウサギのぬいぐるみは、
いつもいつも 彼を見ていた。

ある日、少年が泣いていた。
泣いても泣いても、涙は止まらない。

ウサギは彼のために、何かしたい と想った。

少年の涙を一粒、こっそり胸に抱きしめると、
ウサギは願った。

彼の悲しみが、どうか 消えますように と。

すると、その一粒の涙は、むくむくと大きくなって
七色に色を変え、数千の花びらとなって 空へと
ぐんぐん昇っていった。

少年は、その美しい光景に 思わず見とれる。
それが、自分の流した涙とも知らずに。

輝く彼の横顔を見て、
ウサギは しあわせな 気持ちになる。

あぁ。
だれもがこんなふうに、知らないところで だれかに想われている。



そう、いつだって、誰もがだれかに

想われているのです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント