10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

和津実(なつみ)

Author:和津実(なつみ)
歌を歌ったり、ものを作ったり。
http://www.natsumino.com
wa_natsumiをフォローしましょう

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

撮影の おはなし

2013.09.18 01:40|PV撮影2013
8月の17〜19の三日間、またまた写真のるいのところにお世話になった。

今回は、私のPV撮影をしてもらいにやってきた。
結果からお話ししますと、

とてもいいのが撮れました!!

これもすべてはるいと、るいのご家族のみなさんのおかげです。
とってもとってもお世話になってしまいました。

PVをお願いしたいなーという話になったのはかれこれもう1年くらい前のことです。
(あらやだ 1年早い!)

CD制作にあたって、そのうち動画も撮りたいなーという願いがあったのだけど、
どうすればいいかわからなくて、そしたら、去年るいのところに写真を撮ってもらいに行った時に
るいがPVを撮ってみたいと思っていた ということが発覚、それなら是非お願いしたい ということで…

そしてこの夏までの間に、るいは本当に色々考えてくれました。
私はお願いするだけしておいて、なんだかふわふわしたままで、
どうにもどうしていいいのだか るいを色々悩ませてしまったことだろうと思います。(ごめんね…)

でも、でも、

ゆっくりと時間が経つ中で ゆっくりと何かが形作られて、
この夏、それがひょっこりと、

姿を現しました。

私にはとうてい見えなかったもの、
るいたちが 見つけてくれました。

本当にありがとう という気持ちでいっぱいです。

道


私を撮影する前に色々とロケ班もしてくれたみたいで、
その際、お母さんの めり子さんや、お兄さんの ななおさんまで、
私の代わりのモデルになってデモ撮影(なんていうのかな?ゲネプロみたいな、ね)
してくれて、
笑いあり 涙あり、
で トータルでは 涙じょじょじょの感謝・感激

でした。

映像は見てからのお楽しみ としたいのですが…

少しネタばれにもなってしまいますが、お話しさせて下さい。

るいが本当に色々考えてくれて、こだわってくれて、
頑張ってくれました。
曲は「ここにうたがあるから」です。
この曲のこと、私のこと、ほんとによく考えてくれて
そしてその考えは、私の精神と、フィーリングと
非常に寄り添ったものでした。
それが、映像いっぱいに込められています。

そして、
めり子さんの名運転がなければ、この撮影は叶わなかったと思います。
めり子さんとるいの息の合ったチームプレイ、そしてそこに私も混ざって、
いつしか3人の呼吸がぴたりと合って、


3人ともが

「おーきた これはきた」

と思うテイクが撮れたのでした。
二日目の、
一番最後から2番目のテイクです。

17、18日と丸二日かけて、丁寧に何度もトライして、
小道をずっと歩くので、途中で対向車が来ては撮影をストップして呼吸を整えたり、
休憩のたびに めり子さんが冷たい飲み物やゼリーを出してくれたり、
車に乗ったおじさん二人に ナントカ寺が見当たらない というので道を聞かれ 
地図で検索したり(あのあと見つかったのかなあ)、

いろいろありましてん。


るいはいろんな撮影方法を試してくれました。
カメラの微妙な高さとかが難しかったろうと思います ほんとに。
そんな中、「不良乗り」という方法までやってみてくれて、
今思えばちょっと笑えて写真撮っとけばよかったなと思うけど、
あれで撮るのはやっぱりちょっと危なかったろうなと思ったりしてます。



最終的に、るいの家のおっきなバンを使えばいいんだ!ということに気づいた時には

3人で目がまん丸、右手コブシで左手のひらをポンっと叩いて

「!!!なんで気づかなかったんだろう!笑」
ってな具合で
至極笑ったけども

ほんとに楽しかったです。

ということで、るいの家の、正確にはるいのお父さんのお店の車をお借りして、
無事撮影ができた という次第でございます。

本当にありがとうございました。

カップ
めり子さんがカップに描いた私の横顔。似てる!

撮れたものを見てみたら、
胸にツンとくるものがありまして、
なんだか泣いてしまいました。

るいもめり子さんも、
泣いていました。

私が キラキラしている。
と思いました。

ごめんなさい別に自分にうぬぼれているわけではありませんよ。

光がね、キラキラしていて、
緑、自然がキラキラしていて。

ふわっとくるものがあるのでした。
風みたいなもの。目に見えない。



CD制作が今ちょっとある一曲につまづいていて時間かかっちゃってるんですが、
来年の最初の方には、世の中に産まれいだすことが、できるでしょう。
そのタイミングに合わせ、少し早めにだか、この映像をみなさんに見て頂けたらと思っているところです。

風景
(めり子さんが撮ってくれたインスタントカメラの画像を携帯で撮りました。
こんなところだったのよ〜〜  るいと、お世話になった車さんと)

さて、
この滞在期間中、
るいのおじいさんのことを聞きました。
というのも、
おじいさんの命日が近かったから。
正確なお日にちを忘れてしまいましたが、(ごめんね…)
あれ、19日が命日だったのかな?
(本当にごめんなさい…)

それで、おじいさんが毎日食べていたというおうどんを、
いただいたのです。
とても とても おいしかった。
私もうどんが大好きだし。
こんなふうにおじいさんのお話を津口家のみなさんに聞けるなんて
なんだか光栄なことだなと思いながら、
その美味しい、めり子さんの作ったおうどんをしっかりと味わいました。

とても おいしかった。
うどん
また食べたいな…



おじいさんは、とても優しいひとだったそうです。
とてもおだやかなひとだったそうです。

みんなが 大好きだったんだなあというのが、
そのお話から伝わってきました。

そんなふうに子どもたちやお嫁さんや孫たちから慕われるってすごいことだな と思います。

そんなふうに、やさしさの種をいっぱい撒いた人の人生のあとには、
こんなにもやさしいあたたかいものが続いていくのだなと
なんだか感動的だと思いました。

自分はそんなひとになれるのだろうか?

いいものを残して死んでいけるだろうか?



るいのおじいさんにも、いつの日かお会い出来たらうれしいなあと勝手ながら思います。

そのためには自己鍛錬 自己鍛錬

です。




さて、

るいの家に行く度にいただいている魔法の食べ物があります。

それは、

めり子さんのクッキーです。
クッキー



こんなにおいしいクッキー、なかなかないです。

「おいしい」 と思うのは、作る人のエネルギーも作用していると思います。

だから、めり子さんのクッキーはめり子さんにしか作れないです。

私が作ってもこの味にはならない。
(それに もともと自分がお菓子作るタイプじゃないから余計感動するのである)

だから、いただく度にしあわせな気持ちになります。
そしてむしゃむしゃと食べます。
カイさん1に対して私が9の割合でいただきます。

次はいつ食べれるだろう…と
思っていたら…

!!!


今日、るいからのお届けものが届き、そこにクッキーが!

これでまたしばらくしあわせな日々を過ごせます。(フーッ)

そしてるいからのプレゼント…
これについてはまた別に書かないとちょっともう枠が足らないです。

またゆっくり書きたいと思います。



とにもかくにも、

本当にありがとう と思っています。

ありがとう。

田島、尾道、最高の場所。
土地のエネルギーもいただきました。



これらをきちんとまとめて発信できるよう、
またしばしゆっくりとがんばります。


(フーッ やっとブログ書けたー!!!)





スポンサーサイト

コメント

なっちゃん、ありがとう

めいっぱい家族のみんなを登場させてもらっちゃって、、、。
なっちゃん、ありがとうね。
じいちゃんまで登場してびっくり!
さぞかしじいちゃんも驚いてるだろうなぁ、、、。

私にとっても非常に思い出深い3日間(夏)になりました。
編集がんばんなきゃね!
非公開コメント