08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

和津実(なつみ)

Author:和津実(なつみ)
歌を歌ったり、ものを作ったり。
http://www.natsumino.com
wa_natsumiをフォローしましょう

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

つながった夜

2012.10.29 01:34|ライブ
10月26日、お越し下さった皆様、
出演者の紗穂さん、杉瀬さん、サポートメンバーのみんな、
SEED SHIP、オーナー土屋さん
本当にありがとうございました。

色々とバタバタしてしまったり反省点もありますが、
とても素敵な時間になったなぁと噛み締めています。

たくさんのお客様に来ていただけたこと、うれしかったです。

主催するという責任感にいつもハラハラドキドキなのですが、

毎回とても素晴らしい形で終えることができています。


紗穂さんと杉瀬さんという素晴らしい二人とご一緒出来て本当に光栄でした。


まずは 一曲目は自分の主催ということで
「Beautiful Beautiful Songs」をカイさんと二人で。
糸井重里さんの詞に大貫妙子さんが曲をつけたものです。
最近よくカバーしているのですが、
「歌が生まれてる」という言葉が大好きでいつも歌っています。

そして杉瀬さん。
杉瀬さんのパワフルで伸びやかな歌声には精神がビンビンしました。
陽子さんは声量がすごい。ほんとうに力強い。大地からバワーを吸い取って放射しているみたいです。
初めて一緒に歌わせていただいた「子守り唄」は、
「ハロー」「ハロー?」
と二人で掛け合えたところがとても自分の中で印象的です。
ぐっときました。一緒に歌っていてとても気持ちよかった。
声質なのか歌い方なのか、何か似ている共通点があるなぁと、歌いながらしみじみ感じていました。

お次が紗穂さん。
紗穂さんの歌声はもちろんですが、ピアノがまた素晴らしいと改めて感じました。
流れるような旋律を奏でたかと思えばリズミカルに軽快に鳴らしたり、その音のすべてが魅力的。
そして、マイペースなMCは、心を柔らかくほぐしてくれて思わず笑ってしまったり。
さすがだなーと思いました。
紗穂さんとも一曲、新しいアルバムから「老いぼれロバの歌」を一緒に歌わせていただきました。
「胸がつん」とするストーリーの歌で、それがみなさんにも伝わればいいなと思って
私も歌詞を丁寧に歌おうと思いながらハモらせていただきました。

そして杉瀬さん 紗穂さん 和津実での「中央線」。
杉瀬さんが間違えて「中央フリーウェイ」を練習して来ていたので(笑)、本番直前に「やばーい!」と思いましたが、
以前どこかで「中央線」もやったこともあったらしく無事演奏出来ました。有名な曲でよかったーー。
この曲は、昔mopsy flopsyのレコ発に紗穂さんに弾き語りで出演していただいた際に二人でやったことのある曲なのでした。
数年ぶりに、今度は杉瀬さんを交えてできて、本当に感激。
本当にいい曲ですね。

私の番では、念願かなって小田和正さんの「woh woh」をカイさんと二人でカバーも。
いつかやりたかったんですが、なかなかできなかったんです。
MCでも話しましたが、学生の頃、悲しい時とかこの曲を何度も歌いながら泣いて、それで心を癒していました。
あんな素敵な曲を歌えて、嬉しかった。
他メンバーと一緒に、サポートメンバーの柳川タカシくんとデュエットした「oneless bell to answer」も
最高に気持ち良く歌えました。
カバーのレパートリーがまた増えたな。

最後にみんなでやった lalala という曲も、みんなでやるからこその感動がありました。
最後の「ララララ」のところは、いつもあの場にいるみんなに心の中で歌っていただきたいと思っています。
声にならなくても、
いっしょに。
パーカッショニストのKAZUさんも、飛び入りで入って叩いて下さって大盛り上がりでした!
急なお願いだったけど、気持ちよく一緒に音を鳴らしてくれて嬉しかった。


と、ここまでコンコンと文だけで書いていますが、

毎度のことで 写真を撮り忘れました。(どんだけー)
カメラ持っていったのに、ぜんぜんそんな余裕なかったよ。

柳川君が何か撮っていたようなので、
もしいつか何かしらあげれたらいいなと思います。

しかしながら、この心にはしっかりと焼きつけられております。
(いつも言ってる気がする)


皆さんが笑顔で会場から帰る姿を見られたことが何よりも嬉しい。

そういえば、受付も主にカイクラと、サポートのピアノのトモカちゃんがやってくれて、
もうほんとにてんやわんやな中、しっかりとやってくれて…
感謝 感謝です!

ものすごい手作り感あふれるイベントだったと思うので、
色々と不手際もあったかもしれませんが、
あたたかい気持ちでいてくださってみなさんありがとう。

いっしょに楽しんでくれてありがとう。
またぜひとも参戦して下さい!

次回、私が舵を取るイベントとしては、

12月23日に、写真展示とライブを組み合わせたクリスマス会的なイベントを考えています。

その次が来年2月23日、プラネタリウムでやりますよ。

ひとつひとつ 心を込めて作っていきたい。

この気持ちは、伝わる人には伝わっていってくれると そう信じてがんばります。

いつもありがとう。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント