05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

和津実(なつみ)

Author:和津実(なつみ)
歌を歌ったり、ものを作ったり。
http://www.natsumino.com
wa_natsumiをフォローしましょう

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

6月、ライブ出演することにしました ひさピサの

2017.06.07 00:31|お知らせ
急ですが、
6/23に原宿ストロボカフェさんでライブイベントに参加することにしました。
吉良さんも出るということなので、一緒にもやりたいなーと思ってひさピサにライブハウスという環境で歌いたいと、、、思います。

あの、私、
このブログを読んでくださっている人っているのかいないのか、
いや、そういないでしょうね、と思いながらいつも書いていて、
たまーに、意外に誰か読んでくださっているということを知る時があってびっくりするくらいの感じなんですが、
(という長い前置き)

もしブログ今読んだ方で6/23の夜、お時間合う方いらしたら、
ぜひとも遊びにいらしてくださいー。どうぞ宜しくお願いします!
スポンサーサイト

ハルコさんの新作REC参加しました!

2017.06.07 00:18|お知らせ
もう直ぐリリース予定のHARCOさんのニューアルバムにアディナーダも3曲コーラスで参加させていただきます。
先日完パケの音源様を聞かせていただきましたが、

とっても素敵です。かっこいいです。ぎゅっと詰まっています!!!

レコーディングもとても楽しかったー!!
ぜひみなさまご購入ください。
レコーディングのことについては、発売後に詳しく書きたいなーと思います。

HARCOさんのレコ初ライブにも参加させていただきますよ。楽しみです💓


ムーミンが好き。

2017.04.27 18:26|日々の中で思うこと
私はムーミンが好き。ずっと前から好き。

そしてついには1年ぐらい前からムーミン公式ファンクラブに入っている。
なぜなら、ケンタッキーやマクドナルドなどで時々企画されるおまけがムーミンカップだったりするときに、
情報を得るのが遅くなってしまったりするからだ。
それならファンクラブに入ってしまえばいいのだと思って入会したところ、ますます好きになってしまった。

先日はフィンランド国立バレエ団の公演でムーミンバレエをやるというので、
ゲネプロが見られるというムーミンファンクラブ主催の抽選に見事当選し、一人ワクワクしながら行ってきた。
すごく貴重な体験だった。
プロすげー やっぱりすげー というありふれた言葉だけれども真実の言葉が頭をぐるぐる。
改めて、「プロ」という人たちはすごいんだと実感。
場当たりをしているところから見ていたのだけれど、だいたい1回とか2回とかでダンサーのみなさんはちゃんと理解している様子。
ハァ〜、、、
プロの世界はなんというか、やっぱかっこいい!!!

1幕はガラ演目で、古典の白鳥の湖やドン・キホーテなどからの選りすぐりのプログラム。
コンテンポラリーダンス的な演目(モダンバレエなのかな)もありとても面白かった。
しかも、同じ曲でダブルキャストのものは、そのダンサー二人の踊りをどちらも見ることができたものも!!
そのおかげで時間は押し押しだったけれど、
よく考えたらめちゃくちゃお得だったんじゃないか???
そして時間が押してしまったお詫びとのことでスタッフの方がお気遣いくださり、
ムーミングッズのちょっとしたもの一つをいただけたりもして。ありがたや〜。

そして数日後、本番を観劇に改めてオーチャードホールに向かいました。

本当に素敵だった。
前から10列目だったので、ゲネプロの時より断然近くでダンサーの方々の動きを感じることができた。
2幕がムーミンバレエだったのだが、ムーミンたち、可愛かったー。
ムーミンママとスノークのお嬢さんが着ぐるみのままポワントで踊っていて、きっと大変なんだろうなとも思ったが、
とにかく可愛らしい世界で見ていて幸せな気持ちになりました。
このフィンランド国立バレエ団では日本人のダンサーも活躍されていて、
遠く離れた土地で、こんなに素敵に活躍されている方々がいるなんて、なんだか素晴らしいことだなあとしみじみしました。

ダンサーって、
憧れるなあ。かっこいい。。。。

でもどれだけの努力と積み重ねでここまでこられたのだろうかと想像すると。。。
すごいなあ。


美しいものを観て、心がフカフカになったのでした。

ムーミン大好き。踊りも大好き。


そして、思うのだけど、、、



観劇はやっぱり近い席の方がいいーーーー!!

先日ミュージカルの『紳士のための愛と殺人の手引き』も観に行ったのですが
3階の一番後ろの方で、
内容はすごく面白かったけど、やっぱり臨場感をあまり感じられないんだよね。。
近いほど、歌ならば一番わかりやすいけどバイブレーションがすんごくくるからね。
やっぱり近い席がいい。せっかく行くなら。

あぁ もっとチケット安くなればいいのに 涙
と切なる願いです。

でも、美しいものはこれからもたくさん観て行きたいと思っています!

久々にライブーー!

2017.04.08 23:34|お知らせ
久々にライブします。

まず5/5、江ノ島です。ひさしぶりだなー人前で歌うの。楽しみだなー。
ぜひ遊びにいらしてください。GWの予定にいれてもらえたらうれしいです。
この場所ではすっごい前にライブやったことあります。そのときはカイさんとパーカッションのりえちゃんと出たかなあ。
懐かしいな。もう何年前のことかわからない 笑
でもなんかあのころと歌に対する気持ちはなんら変わりないねー。ずっと変わりないんだねー。変わってない!
もうそこからさらに遡って中学生くらいから、変わってない!笑

そして、7/8、HARCOさんのアニバーサリーライブにゲスト出演させていただきます。他にも素敵なゲストの方々いらっしゃいますので緊張します。。。
HARCOさんとは気づけば結構な前からのおつきあいですが、出会った頃からずっと変わらず、
何かと声を掛けてくださって。
奥様のキンカさんも私にとっては特別な方なのですが、ご夫婦でよくしてくださって、本当に感謝しております。
しかし20周年なんて本当にすごいなー!かっこいいな。尊敬します。

どちらのライブも楽しみです。

久しぶりにAdi Nadaの生歌聞きたいなーと思い出して足を運んでいただけたらこれ幸いです。
http://natsumino.com/live.html


ほんとに最近精神的になんだか余裕なくてライブ全然できてないもんね。
企画するつもりができてないもんね……

あの、仕事では結構ちょこちょこ歌っているんですよーーー。
本番採用されないとお伝えできないので残念なのですが。
逆にだから、実際テレビなどで使っていただけることのありがたさというのも噛み締めますね。

歌う気は常にやる気まんまんです。

あと!
ドラマ、どうしましょう、今、韓国ドラマの「運命のように君を愛してる」というチャン・ヒョク主演のに見事にハマってしまっております。
もしかして、もしかして、、、、私はチャン・ヒョクファンなのか???!
このドラマ「運命のように〜」の7話かな、の中の1シーンで流れた曲が、
前にハマった時代劇ドラマ「チュノ」(これもチャン・ヒョク主演)で流れていた曲と一緒だというのに気づいて興奮したりしています。
作品を知らない方はなんのこっちゃですが…「チュノ」は音楽もすごくよかったんですよね。その中でヒロインがきらきらの笑顔のシーンとか、ちょっと切ないシーンで流れていたメロディが、「運命のように〜」の中でチャン・ヒョク扮する主人公が熱弁するシーンで生演奏で弾かれたんだよね。なになにこれは製作者の方々の遊び心なの?そうなら私そういうの大好き。すてき。とか思って大興奮。
ちなみに、カイさんも結構私の影響を受け気味で、私が見るドラマをなんとなく私と一緒に見ていたら意外に面白いぞとなって道連れになりがちです。可笑しいよね。
でもね、物語は人の心を耕すよ。
最近終わっちゃったけど、松たか子さんたちの出ていた「カルテット」も超よかったよねー。DVDほしいぐらいだよ。

いけない、またドラマの話になってた!!

また書きます!

クリエイティブになるということ。

2017.03.29 08:32|未分類
先月から、作家の田口ランディさんが講師のクリエイティブライティングという講座、全3回を受けていたのだが、昨日最終日だった。

すごかった。
潜在意識にアクセスするということを体感させてくれる講義。
面白かった。
不思議なこともあったなぁ。うまく書けないから省略するけど。。なんていうか、ひとは自分で自分の限界を勝手に決めてるけど、でもほんとはもっといける。そして一人じゃだめでも、みんなで意識を合わせたら超えられるものもある。そんなことを感じさせてくれるようなこと。あった。

最終日は全員それぞれ短編小説を書いてみるということで、小説なんて今まで書いたことないけどとりあえず私も書いてみた。
その自分の書いたものに関してはおいといて。
他の方々のたくさんの物語をそれぞれ書いたご本人が朗読していくのを聞いた、この体験がなんかすごかったなー。
聞きながら必死で涙を堪えたものも多くあった。生と死について捉えたものがなぜか多かったと思う。きっと読むのはしんどかったろうと思うものもいくつかあった。
そんな深いところから来ているものを聞かせていただいたことは、本当にすごく貴重な体験だったと思う。
似たテーマを持つ人が集まるんだと前回の講義のときにランディさんが仰っていたけれど本当にそうだと思った。

作品は生きてるんだなぁと思った。

あぁみんな今生きてるんだなあ。
あぁ なんだか かなしいなあ。
そしてうれしい。
いとおしい。

この体験は、今後自分の歌に還元されていくと思います。

本当に受講してみて良かった。
ランディさん、ありがとう。